hatohiro
異界とは人間が自分たちのいる世界とその周囲の世界(が有るとしたら)を分類する為、自分たちが属する世界とは違う世界と想定されています。

ファズギターが鳴りやんだ、フィードバックの果て。
コンピューターで刻まれたリズムと時間。
お互いの空間と関係を繋ぎそして線引きするネットワークシステム。
微妙な裂け目から顔を出している。
じっと見ている。そして、動かない。

終末と呼ぶにはあまりにも遅すぎた結末。
予め終わりは見えていた。
綺麗なレースの網目。うすぼやけた光景。
崩れていく様を、
それをじっと見ているものがいる。
異界の静国から。

日本がほこるへヴィロックバンド花電車の曲からサブタイトルをいただきました。
動けなくなったという解釈ではなく、あえて動かないものとそこに居続ける者達の未来とは?
deadlockな世界に向けて・・・・。

画像は三上鳩広さんの作品のレザーマスクとコルセットです。京都での展示は初となります。
シューズメーカーのリーガルの広告作品を作ったり大活躍の作家さんです。

真夏の、しかも祇園祭真っ只中の京都での展覧会です。是非御高覧下さい。

参加作家は三上鳩広、ぴこうさ、フクモトユカ、新竹季次、朱宮垂狐、中村鱗、櫻井結祈子

LINEで送る